苦しくても必ずたどり着ける

今日は仕事でかなりの距離歩くことになりました。
万歩計をつけていて、あとで数値を見たら13000歩も歩いていたようです。
どうりで腰から足にかけて痛かったはずですね。

スニーカーで行ったのでまだ足に負担はなかったのが幸いでしたけど。
まず歩いて行く分にはいいんですけど、往復で戻ってくる時がかなりつらくてきついです。

はるか先に見える遠い駅を見ながら、まだあんなに長い道のりがあるんだと思って、
駅や先の建物が小さく感じますが、一歩ずつ歩いていくたびに遠くにあった風景がどんどん大きくなっていくと、
なんだか「やっと着くんだな」としみじみ思います。
人生もそんな感じなのかもしれませんね。
着実に進んでいくことでいつかどこかにたどり着けるのかもしれません。

やっと戻ってきた最寄り駅や建物を見回すと、桜が咲いてました。
歩いてつらかったですが、この桜を見ることができてまた格別でした。

Categories: nocategory